FX専業トレーダーのリアルポジション

売買状況の一部を公開中。FXシグナル配信もやっています。趣味で超高額FX情報商材を検証中。

7/25 エントリー結果

ポンド豪ドル  -12.8pips

キウイ円     +40.7pips

ユーロ豪ドル  -19.7pips

  計    +8.2pips 

 

月間累計 +394.8pips

 

日々の収支はデイトレ手法A(メルマガのシグナル配信)に基づく

システムトレードの結果を配信通りに反映したものです。

 

 

昨日はクロス円が上昇する流れとなりましたが、

クロス円の中でエントリー対象となったのはキウイ円のロングのみでした。

リミットまでは到達しませんでしたが

まずまずの利益で撤退時間となりました。

 

ポンド豪ドルのショートに関しては

昨日のレンジ内の動きから抜け出せずにタイムストップ。

 

ユーロ豪ドルのロングは

今日の10:30指標時のヒゲでのエントリーになってしまい

わずかな時間でのタイムストップとなりました。

 

なお、現在保有中のポジションもありますが、明日の集計に回します。

 

 

全体的に方向感のない通貨ペアが多く

トレンドフォロワーとしては厳しい相場環境が続きます。

以前、VIX指数について記事を書きましたが

 

fxsubaru.hatenablog.jp

 

 

調べてみると、今月は7/13からずっと10を割っているんですよ・・・

9営業日連続のVIX指数の10割れ。

この指数が連続して10を割って推移することはほぼなかったと思いますので

(調べてみたら2006年の11月に2営業日連続というのが1度あるようです)

もはや異常なレベルの低ボラ安定相場です。

 

私個人のトレードでは低ボラによりデイトレ手法Bが今月は不調に陥っていますが

メルマガ配信しているデイトレ手法Aの方は

このような相場状況にも関わらず、上記で示したように利益を上げています。

難しい相場でもなかなか負けない安定感がありますが

やはりトレンドのはっきりした相場が得意です。

 

 

現在、多くの資金が株式市場に流れ込んでいますが

ボラティリティが小さくなった市場でリターンを出すためには

従来よりも多くの資金を必要とします。

このような資金がジャブジャブの飽和状態ともいえる市場では

一旦資金の引き上げが始まると売りが売りを呼ぶ展開になります。

 

政府、中央銀行の支えで成り立っている現在の株式市場は幻影に過ぎません。

中央銀行は「通貨安定化」という本来の役割から逸脱した行為に走っています。

これは過去に例を見ない異常なバブルです。

 

プロのトレーダーの一部は既に株式市場から撤退を始めていますし、

市場の暴落が起きると莫大な利益を手にできるような方向に

大量の資金を投資している人達もいます。

そろそろクラッシュは近いかもしれません・・・

 

近年の暴落では面白い法則性がありますので

ご興味があれば下記バナーのクリックでご覧ください。

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ