FX専業トレーダーのリアルポジション

売買状況の一部を公開中。FXシグナル配信もやっています。趣味で超高額FX情報商材を検証中。

損切りについて

損切りロスカット)はFXをやる上では絶対に必要な行為(スキル)です。

ブレーキの無い車を運転してはいけないのは当たり前ですが

損切りの無いトレードをしてはいけないのも同じように当たり前です。

 

プロスペクト理論の呪縛があるため

人間は本能的には相場で勝つようにはできていません。

利確は早めにしてしまい、損切りがなかなかできない。

そういう行動はFXの初心者にはよく見られるものですが

人間の本能的な行動に基づくものなので当然と言えば当然です。

 

私もFXをやり始めた頃はなかなか損切りができずに

いわゆる「コツコツドカン」のトレードをしていた時期がありましたが

比較的早めに損切りの重要性を理解して

それ以降は損切りを置かずにトレードするなんて考えられなくなりました。

 

スキャルピングをやる方は

成行注文でエントリーして、損切りも成行で行うという方もいるかと思いますが

私はスキャルでも成行エントリー後にストップ注文を先に入れます。

為替相場は急激に動く場合がありますので

少しでもリスクを減らすためにはストップ注文は必須です。

 

FXはトレンド相場が3割程で、レンジ相場が7割を占めると言われます。

何を基準にトレンドなのかレンジなのかは時間軸の違い等で

いろいろな見方があると思いますが

いずれにしてもレンジ相場が多いということは

FXをやっている方は理解されていると思います。

 

レンジ相場が多いということは

適当な位置で適当にエントリーしたポジションが

逆行して含み損が膨らんでいっても、

いずれエントリー位置まで戻す確率が高いということです。

 

含み損がなくなるまでの時間の長さに長短はありますが

週足や月足までのレンジ相場を想定すると

ほとんどの場合、価格は元の位置まで戻ってきます。

もちろんその間の含み損に耐えられればの話ですが。

 

含み損に耐えるトレードに慣れてしまうと

損切りという当たり前の行為ができなくなってしまいます。

「いずれ価格は戻る可能性が高いのだから、損失を確定させるなんてナンセンスだ」

そんな考え方になってしまいます。

 

こういった思考パターンになった場合の最終形態は

全てのトレードで利益を出さないと気が済まない勝率100%トレードの追求です。

含み損を大きく抱えたポジションが一転してプラス転換するということを

何回か経験してしまうと

「自分の相場観は間違っていない」

「今は含み損を抱えているが、将来的には利確できるポジションだ」

自分のトレードに自信を持ってしまい、

ほとんどの場合、ここまでくるとナンピンを始めます。

 

大きな含み損がなくなるという経験は

初心者トレーダーにとっては全く不必要な成功体験なんですよね。

この成功体験をすることによって生まれた根拠のない自信が

将来的な破綻を招くきっかけとなります。

 

損切りをしなくても1000回トレードをして999回は勝てるかもしれません。

しかし、たった1回の負けトレードで今までの全ての利益を吐き出し

元金まで持っていかれるトレードは、もはや資産運用とは言えません。

大金をつぎ込んだ、ただのギャンブルです。

確定した利益のみを数字として認識し

抱えている含み損を頭の隅に追いやることは危険なのです。

 

ここ数年、幅を利かせているリピート系FXの場合は

含み損が前提のトレード方法ですので

また違った見方が必要かと思いますが

十分に戦略を練らないと危険なのは変わらないでしょう。

(リピート系FXは未経験のため間違いがあればご指摘ください)

 

 

LTCMショックをご存知でしょうか。

1998年10月のことですが、この時は他の要因も重なり

1週間も経たない間にドル円相場は20円以上も円高方向に振れました。

こんな事が二度と起こらないとは誰も断言できません。

あなたがギャンブラーでなくトレーダーならば

いつどんなレベルの相場の急変が起きても運用資産をふっ飛ばしてはいけません。

 

自分の大事な資産を守るための最低条件、それが損切りだと私は思います。

 

 

日々のブログ更新の励みになりますので

下記ブログランキングバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ