FX専業トレーダーのリアルポジション

売買状況の一部を公開中。FXシグナル配信もやっています。趣味で超高額FX情報商材を検証中。

8/22 エントリー結果とFXトレーダーのメンタル

ポンド円   -2.1pips

ポンド豪ドル -28.9pips

  計   -31.0pips

 

月間累計  +54.2pips

 

日々の収支はデイトレ手法A(メルマガのシグナル配信)に基づく

システムトレードの結果を配信通りに反映したものとなっています。

 

 

現在保有中のポジションもありますが、明日の集計に回します。

 

昨日はポンド系2通貨のショートエントリーとなりました。

ポンド円、ポンド豪ドルともに下げたところで

それぞれ40pips程の含み益が出ていましたので

このまま流れに乗るかなと思っていましたが

ポンド円は直近安値を更新したところで反転、レンジへ戻りタイムストップ。

 

ポンド豪ドルは完全に下抜けしましたが急反転して難解な展開となりました。

さらに今朝方の東京タイムからぐんぐん上昇してタイムストップ。

今月のポンド豪ドルはボロボロです(^^;)

 

相変わらず抜けては戻る展開が続いており、

デイトレタームのトレードには厳しい状況です。

現在保有中の1ポジションも利益が乗ってきましたが、どうなるかはわかりません。

どんな手法でも勝つ時もあれば負ける時もありますので

泰然自若の精神で淡々とトレードを継続する事が重要です。

 

FXの手法を色々と実践されている方は分かると思いますが

どの手法を試しても勝てる時期と負ける時期があります。

2~3ヶ月デモトレードをして調子が良かった手法が

リアルトレードでやり始めた途端に勝てなくなるなんてことはよくあります。

 

しかし、もしその手法が間違ったやり方でなければ

不調な時期が過ぎればドローダウンを回復し再び利益をもたらすことになります。

不調な時にいかにして、その手法を信じて同じトレードスタイルを貫けるか。

FXで勝つためにはその自信と精神力も必要になります。

 

とは言っても、あくまでも手法がしっかりしていることが前提になりますので

最終的に勝てる手法だとしても

ドローダウンが何千pipsもいくような手法であれば

勝つ前に資金が枯渇するか、メンタルが崩壊してトレードが続けられなくなります。

 

よくFXはメンタルの勝負だと言っている人もいますが私は理解に苦しみます。

おそらくそういう人は確立した手法(ルール)を持っていないのではないでしょうか。

勘に頼ってトレードをしている人はメンタルの占める割合は大きいかもしれませんが、

確立した手法を持っている人はそもそも

ちょっとやそっとの事ではブレないはずなんです。

 

十分に検証がなされた勝率とリスクリワードのバランスがとれた

トレードルールを持っていれば

それをやっていくだけで利益が出ることがわかっているのですから

多少負けが込んでもメンタルが崩壊するなんてことは考えられません。

 

それでも私のようにメンタルが弱いと自覚しているトレーダーは

トレードルールを作る際に

なるべく裁量の入る余地が少ないルールを作ればよいと思います。

裁量要素が多いトレードであればその分エントリーやイグジットの際に

多くの精神的要因が影響してきます。

 

私のメルマガのシグナル配信のように

100%システムトレードとするのも良いでしょうし、

半分程度を機械的に見るようなやり方も良いと思います。

 

いずれにしてもFXにおけるメンタルというのは

トレードルールが確立している上で語るべきことであって

メンタルありきでFXが勝てるようになるものではありません。

もっと言ってしまえば、明確なトレードルールがあれば

メンタルは自然とついてくるものなのです。

 

 

さて本日の公開ポジションはデイトレ手法Bとなります。

下記バナーのクリックでご覧いただけます。

(反映まで少し時間がかかります) 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ