FX専業トレーダーのリアルポジション

売買状況の一部を公開中。FXシグナル配信もやっています。趣味で超高額FX情報商材を検証中。

8/25 エントリー結果

ポンド豪ドル  -69.4pips

ユーロ豪ドル  +71.0pips

  計    +1.6pips

 

月間累計  +221.1pips

 

日々の収支はデイトレ手法A(メルマガのシグナル配信)に基づく

システムトレードの結果を配信通りに反映したものとなっています。

 

 

今日は心地良い空間の中で音楽を楽しんできました。

家にいてチャートばかり見ていると確実に白髪が増えますので

チャートの動いていない日は心に栄養を与えることが必要です。

 

さて、昨日はジャクソンホールでの発言待ちといった感じの動きで

23時のイエレンFRB議長の発言から大きく動き出しました。

ドル円は目線通りの下げとはなったものの

週足の終わり方が微妙な感じとなりました。

先週、先々週の終値よりわずかに上げた形になっていますので

ちょっと不透明な形に見えます。

個人的には、もっとはっきりした下げで終わってほしかったです。

 

システムトレードの方はイエレン氏の発言直後の動きで

ポンド豪ドルのショートポジションを持ちましたが

ダマシに終わり急反転であっさりストップ。

今月の鬼門はまだまだ健在でした・・・

 

その後はユーロ豪ドルのロングポジションが約定となりましたが

さすがに28:00のドラギECB総裁の発言までは起きていられず放置し

マーケットクローズ前に確認しましたが

こちらの方は無事にリミットに到達していました。

 

また公開ポジションとしてご紹介したデイトレ手法Bの

ユーロ円ロングもリミットに到達。

一旦は建値付近まで押しましたので

公開ポジション情報をご確認された方は

ここでエントリーできた方もいらっしゃったかと思います。

私は+71.0pipsでフィニッシュしましたが、粘れば100pipsまでいけましたね。

 

今月はデイトレ手法Bが絶好調でデイトレ手法Aの収支を大きく上回っていますが

先月のデイトレ手法Bは大きく負け越していましたので帳尻合わせに来た感じです。

長期的な優位性のある手法は多少崩れても必ず復調してきます。

 

以前にもお伝えしましたがFXの手法において

2、3ヶ月間やってみてダメな結果に終わったからといって切り捨てるのは早計です。

きちんと考え込んだ手法であれば、

どんなものでも半年や1年間は継続してみてから結論を出すのが良いと思います。

ただ、ドローダウンが数千pipsとかになるようなものは

資産運用上厳しいと思いますので、最低限その辺は考慮する必要があります。

 

あくまで個人的な目安ですがFXにおいては

月平均で100pips(年間1200pips)程度は確保できるトレード手法であれば

最大ドローダウンが1000pips以内なら合格点ではないかと思っています。

どの程度のレバレッジをかけるかや勝率等にもよりますので

一概には言えませんが単に勝つためのトレードであれば

上記程度のレベルで十分に資産は増えていきます。

安心してトレードするにはもっと優秀なレベルのものが必要になりますが。

 

 

日々のブログ更新の励みになりますので

下記ブログランキングバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ