FX専業トレーダーのリアルポジション

売買状況の一部を公開中。FXシグナル配信もやっています。趣味で超高額FX情報商材を検証中。

8/28 エントリーポイント

本日は各通貨窓開けスタートとなりましたが

既にほとんどの通貨は窓埋め完了となりました。

 

ここのところの月曜日は特に動かないので

あまり期待できないのですがデイトレ手法Aは何通貨かエントリーがありました。

おそらくどの通貨もリミットまではいかないでしょうが

何とか全体としてプラスで終わればいいかなと思います。

 

 

先日、内閣府が発表した「国民生活に関する世論調査」によると

現在の生活に「満足」「まあ満足」と回答した人の割合が約74%となり

1963年以来最高となったということがニュースになっていました。

 

おいおい、マジかよ・・・

そんなふうに思った方が多いのではないでしょうか。

日本国民の4人中3人が今の生活に満足感を得ている?

この調査がどういう層を対象にしたものなのかは知りませんが

少なくとも日本国民の全体を対象にした場合は全く違った結果になるでしょう。

 

一部の企業経営陣や給与水準の高い一部の上場企業のサラリーマン、公務員などは

恩恵を受けるような世の中になっているかもしれませんが

少なくとも一般的なサラリーマンや中小企業で汗水垂らして働いている人には

この調査結果は明らかにおかしいと感じているのではないでしょうか?

 

数年前に比べて給与の額面は上がっているかもしれませんが

可処分所得はじわじわ減っていますよね。

物価高、消費税増税社会保障費の増加、医療費負担の増加・・・

一生懸命働いて定年を迎えると、再雇用として同じ業務をやっても給与水準は下がり、

年金支給額は下降の一途。

再雇用のない会社や退職金制度の充実していない会社に勤務している場合は

老後の生活が成り立ちません。

 

日本人は忍耐強いと言われますから

どんどん生活水準が下がっていっても不平不満を漏らさずに

だんだんとその生活に順応していっているのでしょうか?

 

生命保険の見直し、格安スマホへの変更、電力契約の見直し、小遣いの減額、

旅行回数の減少、自動車乗り換えサイクルの延長などなど。

庶民は切り詰めれるだけ切り詰めてきました。

あとは何ができるでしょうか。

 

正規雇用の割合が減少し、非正規雇用の割合が増加している今

経常的な貯蓄ができない世帯がどんどん増えています。

どう考えても現状の生活に満足している人が増えているとは考えにくいのですが

この内閣府の調査結果は一体どうなっているのでしょうか。

ここのところ政府の発表するものは明らかに異常なものが多くあります。

あまり書くと「あれがあれになるので」控えておきますが

ネットで真実の情報を収集されている方はいろいろとご存知だと思います。

 

 

さて本日のエントリー情報ですが

デイトレ手法Bは既にイグジットとなりましたので

デイトレ手法Aの中で最近負けが込んでいるこの通貨でいきます。

今月は本当に良いところなしできているので

あまり参考にされない方がいいと思いますw

下記ブログランキングバナーのどれか一つをクリックでご覧になれます。

(反映までに少し時間がかかります)

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ