FX専業トレーダーのリアルポジション

売買状況の一部を公開中。FXシグナル配信もやっています。趣味で超高額FX情報商材を検証中。

9/5 エントリー結果

ユーロ豪ドル(1) -49.4pips

ポンド豪ドル(1) +7.2pips

ユーロ円     +33.9pips

キウイ円    -49.2pips

ユーロ豪ドル(2) +3.6ips

ポンド豪ドル(2) -70.5pips

ドル円     +3.2pips 

 計     -121.2pips

 

月間累計  -121.2pips

 

日々の収支はデイトレ手法A(メルマガのシグナル配信)に基づく

システムトレードの結果を配信通りに反映したものとなっています。

 

 

昨日は忙しい1日となりました。

珍しく午前中から4エントリーとなり、夜間から深夜帯に3エントリーし

合計7エントリーのデイトレ手法Aとなったわけですが、

リミット到達は無し、ストップは3エントリー分と、

ほぼ良いところのない結果となりました。

完全にオセアニア通貨の動きに翻弄される展開でした(^^;)

 

個人的には裁量を入れたトレードはユーロ豪ドル(2)のみです。

リミット到達までわずか2.1pipsと迫っていましたが

長い時間その付近で停滞していましたので

少し怪しい感じになってきたところで撤退し+60.5pipsとしました。

その他のトレードに関しては裁量なしでやりましたので

昨日は負け越しの1日となりました。

 

特にポンド豪ドル(2)については

完全にダマシとなり、ほぼプラスの状態がないままストップまで

もっていかれる始末でした。

相変わらずポンド豪ドルはレンジの動きをしており

非常にトレードがしづらい通貨となっています。

 

忙しいエントリーとなったにも関わらず収穫がなかったのは残念ですが

こういう日も多々あります。

デイトレ手法は比較的深めのストップを入れていますが

過去実績において最大ドローダウンは小さいです。

 

細かくデータはとっていませんのでわかりませんが

先日メルマガ読者の方からご質問をいただいた際に

直近1年間分のトレード履歴を調べたところ

最大ドローダウンは470pipsほどでした。

このストップ幅で1年間のトレードとしてはそれなりに良いのではないかと思います。

 

じゃあ獲得pipsは?という質問もありそうですが

これについては言っても信憑性がありませんし

特に昨年については英国のEU離脱やトランプ政権の誕生等で

ボラティリティの大きいトレンド相場が続いたため

今年に入ってからの成績とは違って、かなり大きく稼げていましたので

ますます怪しい感じの数字にもなることから公表はいたしません。

獲得pipsについては今後の無裁量システムトレード形式での収支を

参考としていただければと思います。

 

今月は初日から躓いてしまいましたが

徐々に巻き返して最終的にはプラスに持っていきたいと思います。

 

 

さて本日の公開ポジションですが

先月絶好調だったデイトレ手法Bでいきます。

下記ブログランキングバナーのクリックでご確認いただけます。

(反映までに少し時間がかかります)

 

なお当ブログは売買指示や投資勧誘、投資を促すものでは一切なく、

私的な情報の開示となります。

投資に関する最終判断は、ご自身の責任でお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ