10/25 エントリー結果とメルマガ新規購読について

ポンド豪ドル  +100.8pips

ポンド円   +101.0pips

カナダ円   +59.9pips

 計    +261.7pips

 

月間累計  +455.7pips

 

日々の収支はデイトレ手法A(メルマガのシグナル配信)に基づく

システムトレードの結果を配信通りに反映したものとなっています。

 

 

ようやく来ました。

昨日の記事で1ヶ月以上もリミット決済から遠ざかっていることを書きましたが

ついに届いてくれました。

しかも3連発でw

デイトレ手法Aには流れの向かない期間が続いていましたので

メルマガ読者の方のフラストレーションも溜まっていた頃かと思いますが

これで少しは解消できたのではないかと思います。

 

昨日はオーストラリアの消費者物価指数の上昇が予想よりも下回ったことを受けて

豪ドルの急落が始まりましたが

ここでポンド豪ドルのロングが入り、順調にリミット到達。

 

オーストラリアはインフレ率や賃金上昇の鈍化も見られ、

利上げ見通しが立たない状況となってきているとのこと。

また7-9月期に公共料金の大幅な値上げがあったことが

個人消費に影響を与えているとの見方もあるようです。

各国の経済が低迷する中でオーストラリアに関しては

比較的順調に推移している部分がありますが

今後はどうなるかわからない状況のようですね。

豪ドルは中国の経済指標に左右されますのでその点も注意したいところです。

 

 

ポンド円に関してはGDP速報値の発表時にロングエントリーとなり

1時間ちょっとでリミットに到達。

予想を上回る指標結果となり、

ここのところ低ボラレンジ状態のポンド円も大きく上昇しました。

 

カナダ円に関しては政策金利発表時にエントリーとなったショートポジションでしたが

こちらは1時間かからずにリミットに到達しました。

政策金利自体は据え置きでしたが、カナダ中銀の声明により

インフレ目標達成時期の引き延ばしや

NAFTA再交渉の景気への影響が懸念されてのカナダドル下落となったようです。

 

3エントリーともに指標結果が味方するような形でのリミット到達となりました。

大きな指標の場合は運の要素もありますが

トレンドについていくトレードをしている場合は

こういう結果になることの方が多いです。

 

また先日公開したキウイ円のスイングトレードの方は

+240pipsほどで半分を利確しました。

まだ最終ターゲットは先にありますが

ストップ位置を更にずらしましたので大きな利益確保は確定です。

 

 

デイトレ手法Aは今月の累計が450pipsを超えて

ようやくまともな数字になってきました。

月末が迫ってきましたので、

メルマガ読者の方は来月の継続について考えるような時期かと思います。

当メルマガの配信スタイルが合う、合わないがあると思いますので

その点については十分にご検討いただければと思いますが

好不調の期間などが原因で継続購読をお止めになるのは正直勿体ない気がします。

 

いつも当ブログで書いていますが

少し調子の悪い期間が続いたからといって

コロコロと手法を変えていてはいつまで経ってもFXの勝ち組にはなれません。

シグナル配信でも同じことが言えますが

配信を受けたものが不調に陥ると新たなシグナル配信を探して

コロコロと変えていると、結果的に不調のものばかり掴んでしまう可能性が高いです。

 

今回、私のシグナル配信もドローダウン期に陥っていましたが無事に回復しました。

ドローダウンといっても他のシグナル配信に比べたらかなり少ないと思いますが

この期間に別なシグナル配信に変えた方がいらっしゃったとしたら

残念ですがそういう方は今後もFXで勝っていくのは難しいと思います。

 

私は投資を長いスパンで考えていますので

同じご意見をお持ちの方と長いお付き合いのできるシグナル配信にしたいと思っています。

ご新規の方は11月分からの申込みもできますが

安易な気持ちでご参加するのはご遠慮ください。

どんな手法にも必ず好調期、不調期がありますし

いつ不調期がやってくるかはわかりませんので

配信を受けてすぐに不調期に入る可能性も否定できません。

それでもご参加されたいという覚悟のある方のみ

当ブログ内のリンクからお申し込みいただければと思います。

 

 

日々のブログ更新の励みになりますので

下記ブログランキングバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ