FX専業トレーダーのリアルポジション

売買状況の一部を公開中。FXシグナル配信もやっています。趣味で超高額FX情報商材を検証中。

11/14 エントリー結果

ポンド円   -69.4pips

ドル円   +60.9pips

ポンド豪ドル +101.0pips

 計    +92.5pips

 

月間累計  -114.2pips

 

日々の収支はデイトレ手法A(メルマガのシグナル配信)に基づく

システムトレードの結果を配信通りに反映したものとなっています。

 


昨日はポンド円のショート、豪ドル円のショートの

クロス円通貨ペアのショートエントリーと

ポンド豪ドルのロングエントリーの計3トレードとなりました。


どのポジションも深夜帯でのエントリーでしたが

ポンド円に関しては相変わらずの狭いレンジの動きであっさり損切り

ドル円とポンド豪ドルについては

今朝になってからの豪ドル急落によってリミットまで到達しました。

今、記事にするにあたって何があったかを調べてみましたが

オーストラリアの賃金コスト指数の上昇が予想を大きく下回ったことに起因する

豪ドルの急落だったようです。

 

今回のリミットトレードも指標を味方につけてのものとなりましたが

最近は相場の流れの中でリミットまで行くことがほとんどなく、

指標を味方につけないと大きくとれない状況が続いています。

デイトレタームでは順張りトレードのメリットを活かせない感じの相場ですので

今は逆張りトレーダーが大きく稼げている時期かと思います。

ただここにきてオセアニア通貨やユーロなどの動きが良くなってきており

ユーロ豪ドルなどはトレンドが継続して大きく動いています。

それに比べてポンド円の動きと言ったら悲惨ですね・・

 

 

今日はデイトレ手法AもBもポンド円でのエントリーがありますが

どうなるかは微妙なところです。

いちいちポイントで大きく反転して上下運動に入りますので

今年は本当に厄介な通貨ペアになっています。

 

株が下落してきていますので

このまま為替の方もボラティリティが大きくなる傾向が出てくれば良いのですが

ダウは少し落ちても何度も何度も高値を目指して動いてきていますので

まだ辛抱の時期が続くかもしれません。

少し大きめに動く時に利確し、普段はできるだけマイナス幅を抑えていくという

肉を切らせて骨を断つ的な戦略を続けていきます。

 

 

前述のように本日はデイトレ手法Bのエントリーもありますが

エントリーから時間も経過し、既にレートが大きく乖離していますので

公開ポジションとはいたしません。

 

 

日々のブログ更新の励みになりますので

下記ブログランキングバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ