12/20 エントリー結果とバイナリーオプション逆張り手法

ポンド豪ドル  -69.0pips 

 

月間累計  -387.9pips

 

日々の収支はデイトレ手法A(メルマガのシグナル配信)に基づく

システムトレードの結果を配信通りに反映したものとなっています。

 

 

昨日はポンド豪ドルのロングエントリーのみとなりましたが

例の如く値幅の狭いレンジ相場となりストップにかかりました。

 

昨日はユーロが大きめの上昇となりましたので

公開ポジションとしたデイトレ手法Bのユーロ円については

+71pipsのリミットトレードとなりました。

 

デイトレ手法Bの方は少し調子が戻ってきていますが

肝心のデイトレ手法Aの方は未だに低迷しています。

年末であまり動かない状況となっていますので

そもそも順張りトレードの向かない相場環境ではあるのですが

デイトレ手法Aがここまで苦戦するのは過去において例がないレベルです(^^;)

 

月に数回程度のスキャルピング

スイングトレードの方はまずまず堅調となっていますが

エントリーチャンスが限られていますので、

ボラがなくても十分にトレードできるバイナリーオプションが重宝しています。

以前から開発中の逆張り手法の方でも試し打ちを続けていますが

ここのところFXの順張り手法が不調な分、逆張りでの勝率が良くなっています。

 

逆張りの方は先週から少し改良を加えて運用していますが

今の相場にかなり嵌まっている感じで

バイナリーオプションでの成績は18トレードして15勝3敗です。

ハイローオーストラリアの1時間単位で、ペイアウト率が1.89倍ありますので

1トレード5万円の勝負でも+517,500円となります。

勝率83%はさすがにうまく嵌まり過ぎの感じがありますので

ここから勝率を落としていくと思いますが

今のようにチンタラ動く相場には特に強いやり方かと思っています。

 

ハイローオーストラリアはあまり派手に勝ち過ぎたりすると

口座凍結になってしまうという噂がありますが

1日2~3回程度のトレード回数なら文句も言われないかと思っています。

ベット金額も1度で賭けられる5万円ならおそらく大丈夫でしょう。

もしこの辺の匙加減をご存知の方がいらっしゃれば教えていただきたいです。

いくらでもベットできるなら資金の増加率がFXの比ではないですからね・・・

 

 

日々のブログ更新の励みになりますので

下記ブログランキングバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ