12/26 エントリー結果と逆張りBO勝率

昨日はデイトレ手法Aのエントリーはありませんでした。

 

月間累計  -313.5pips

 

日々の収支はデイトレ手法A(メルマガのシグナル配信)に基づく

システムトレードの結果を配信通りに反映したものとなっています。

 

 

12/25(月)は世界各国でクリスマス休場でしたので

シグナル配信もお休みとさせていただきました。

 

昨日はシグナルはあったものの、エントリー値までは届かなかったためノートレード。

日本や米国市場は開いていましたが、各国が休場のため

ほとんど動きのない相場でしたから

ノートレードでちょうど良かったかなと思います。

 

 

平穏な為替相場でしたので

先日から引続き逆張り手法の開発・検証作業を集中して進めています。

前回の記事でチラッと書きましたが

バイナリーオプション専用機としては優秀と思われるような

逆張りのエントリーポイントが見つかりました。

 

FXでも良いかもしれませんが、

とりあえずはバイナリーでの勝率計算をしてたところ

10月頭から先週末(12/22)までの3か月弱の期間で

ハイローオーストラリア取扱いの通貨ペア17通貨全てでは

143トレードで88勝55敗(勝率61.53%) ⇒ ① 

ここから更に逆張りの効きやすい特定の時間帯に絞り込むと

117トレードで77勝40敗(勝率65.81%) ⇒ ②

 

上記は取扱いのある全ての通貨ペアでの成績ですが

検証前からおそらく成績が悪いのではないかと思っていた通貨ペアがありました。

手法の根幹に関わる部分ですので理由は割愛しますが、

ドルストレートでもクロス円でもない通貨になります。

決して勝率の悪い通貨ペアだけを抽出したわけではありませんが

その通貨ペアを除くと、全時間帯では

126トレードで81勝45敗(勝率64.28%) ⇒ ③

更に逆張りの効きやすい特定の時間帯に絞り込むと

102トレードで72勝30敗(勝率70.58%) ⇒ ④

 

 

まだまだ検証母数が足りませんので軽率な判断はできませんが

個人的には手ごたえを感じています。

完全無裁量のシステムトレードにはなりますが

ロジック的な面で検証作業に少し時間がかかってしまいますので

とりあえず直近3か月程度の相場で抽出してみました。

 

通貨や時間帯を絞ると1日1トレードないしは2トレード程度になりますが

損益的な面でいうと1時間単位のトレードでペイアウト率が1.89倍ですから

上記のうち一番勝率の悪い①を採用しても

1トレード1万円の掛け金で +233,200円

1トレード5万円であれば +1,166,000円

 

通貨も時間帯も絞った④を採用した場合は

1トレード1万円の掛け金で +340,800円

1トレード5万円であれば +1,704,000円

 

バイナリーオプションの場合は指値注文はできませんので

全ての時間ぶっ通しで運用することは不可能です。

したがって現実的には特定の時間帯のエントリーに絞り込んだ

②ないしは④が実際に運用可能な方法となります。

 

もしかすると今のような低ボラだからこそ勝率の良いやり方かもしれませんが

物は試しですので、今やっている逆張りBOと並行して運用開始してみます。

過去検証も並行して進めますが

リーマンショック後のようなボラの大きい相場になれば

一気に使えなくなるという可能性も否定できませんので

なるべく早いうちにやった方が良いような気もしています。

 

自分自身のトレードの備忘録にすることも含めてシグナル配信も考えていますが

何しろ肝心のFXのシグナル配信の調子が悪いので

あまり大っぴらには言えません・・

近日中にこっそりリリースしておきますが

誰も購読しないような値段設定にして、

自分自身のトレード記録用のメルマガにしたいと思います。

 

 

日々のブログ更新の励みになりますので

下記ブログランキングバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ