FX専業トレーダーのリアルポジション

売買状況の一部を公開中。FXシグナル配信、BOポジション配信、趣味で超高額FX情報商材を検証中。

1/8 エントリー結果とバイナリー配信について

FXのエントリー結果

キウイ円  -49.2pips

 

月間累計  -23.0pips

 

FXの収支はデイトレ手法A(メルマガのシグナル配信)に基づく

システムトレードの結果を配信通りに反映したものとなっています。

 

 

昨日はキウイ円のロングエントリーがありましたが

今日の東京タイムに入ってからのドル円・クロス円の下落により損切りとなりました。

今月は今のところ収支は芳しくありませんが

少しボラが出ている通貨もありますので、どうなっていくか見守りたいと思います。

 

 

 

バイナリーオプションのエントリー結果

6勝3敗

 

月間累計 32勝17敗

 

バイナリーオプションの成績はバイナリー専用シグナルに基づく

システムトレードの結果(ペイアウト率1.89倍~1.90倍)を反映したものとなっています。

 

 

バイナリーの方は変わらず順調といったところですが

私はあくまでFXの方を主体としたトレーダーですので

現状の成績には非常にもどかしいものがあります。

本来ならFXで安定した収支を計上しなければいけないのですが

昨年から続く現状のような低ボラ相場では

バイナリーオプションの方が稼ぎやすいというのが実情です。

 

通常のボラがあれば伸びていくようなポジションでも

大きく伸びることもなく停滞、あるいは反転してしまうため

FXだとリスクリワード的に厳しくなっています。

バイナリーオプションの場合は、0.1pipsでもプラスになれば

ペイアウト率が1.8倍や1.9倍のような高いリターンがありますので非常に魅力的です。

 

FXのデイトレ配信の方も長期的にはそれなりに結果が出るものと思っていますが

現状では毎月毎月、大幅にプラス計上となるのは難しいでしょうから

ボラティリティが回復するまではバイナリーを活用していきます。

 

先日、バイナリーシグナルの配信に関するご要望もいただきましたが

FXとは違って指値注文や逆指値注文ができないことや

シグナル発生からエントリーまでの時間の問題などがあって

どのような形で配信すればいいかを悩んできました。

いろいろと考えた結果、各シグナルの状況を考慮して以下のような結論を出しました。

 

まず、やるからには不甲斐ない月間成績を収めるわけにはいきませんので

私の使用している複数のシグナルの中で

今後も勝率のブレが少ないと思われる安定したものを使用することとしました。

 

また配信形式については17通貨ペアも取扱いがありますので

シグナルが多発するケースもあることから

配信を受ける方の利便性を考慮して、シグナル発生時点で配信するのではなく

実際に私がエントリーしたポジションを速やかに配信するという形式にします。

機械的に発生したシグナルを機械的にエントリーしたものになりますが

厳密には配信のタイムラグがありますのでレートの乖離の問題はあります。

ただ、1日タームの取引ですので数pips程度の乖離はさほど問題ではないと判断しました。

むしろシグナル発生時点で配信した場合のデメリット

(複数通貨になった場合の負担やエントリーまでの待機時間)の方が大きいと思います。

 

配信形式や直近の実績を考慮して高めの金額設定にしますが

自分自身のトレードの備忘録としていきたいため

購読者がいなくても続けていくつもりです。

また仮に申込みがあったとしても口座凍結などのリスクも考えて人数は限定します。

今日の深夜か明日にはメルマガを発行開始しますので

もしご興味のある方がいらっしゃれば、

FXと同じ配信スタンドですのでご自身でお探しください・・・

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ